ハワイ州最高裁判所内の昔のワイキキ周辺模型(オアフ島・ホノルル・2019年2月訪問)

5代目のカメハメハ大王が建てたというハワイ州最高裁判所。

ハワイの言葉では、「アリイオラニ ハレ」というそうです。

ホノルルでは、「Hawaii Five-O」のロケ地巡りをしたのですが、

この最高裁判所はドラマの中でもFive-Oの本部として出てくる

建物として認識していました。

建物内の展示物を調べていた時、昔のワイキキ(たぶん)の模型が

展示されていることを知り、どうしても写真が撮りたくて、

ロケ地巡りの中で立ち寄ってもらいました。

ロケ地巡りでも内部の見学はできるのですが、模型の撮影のために

少しだけ時間をとってもらった感じです。

「Hawaii Five-O」がお好きな方がいらっしゃいましたら、ロケ地巡りの

様子はFBのほうでご紹介していますので、そちらをご覧いただけますと

幸いです。

主人公のマック ギャレット少佐(大佐?)の家にも入らせていただき、

写真も撮っています!

とっーてもお薦めのロケ地巡りです。

さて、ハワイ州最高裁判所の模型に話を戻しますが。。。

個人で模型の写真を撮っている時と違い、ロケ地巡りの途中で

時間を取ってもらったため、写真を撮るので精いっぱいで、説明を読む

時間的な余裕がありませんでした。

そのため、昔のワイキキ周辺の模型だろうというのも、もしかしたら

間違っているのかもしれません。

詳しい方がいらっしゃったら、私にレクチャーいただけると助かります(;^_^A

模型はケースに入っていて、真上からライトが照らしています。

できるだけライトが写り込まないように頑張ったつもりですが、

写り込んでしまっている写真が何枚もあることをご容赦ください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + nineteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください