長浜城歴史博物館「築城過程のジオラマ」(滋賀県長浜市・2019年12月訪問)

戦国時代末期に、豊臣秀吉(羽柴秀吉)が城主として居城したのが長浜城。

江戸時代には廃城になりましたが、昭和58年に復元され、現在は博物館と

して、一般公開されています。

長浜鉄道スクエアから歩いて行けるので、博物館に足を運んでみました。

館内には長浜や秀吉公の文化や歴史にまつわる展示物に加えて、

長浜城を築城する際の模型が展示されていました。

築城当時、どのように石や建材を運んだかなどを、ジオラマで学ぶことが

できました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください