下町風俗資料館(東京都台東区・2020年2月訪問)

 

高齢者施設関係のセミナーで講師を務めた帰り道、用事を済ませてから、

不忍池を通って上野駅に向かっていました。

不忍池を眺めたり、周囲の人たちの様子を観察?しながら歩いていたら、

「下町風俗資料館」と書かれている建物を発見!しました。

まったくノーマークの資料館でしたが、近寄ってみると、なにやら

模型の展示もあるような感じ・・・・・

せっかく建物の前まで来たのだからと、入館してみることにしました。

入館すると、すぐに真っ赤なポストや人力車が目に入ってきます。

そのほかの1階のスペースには、古き良き時代の生活様式を回想できる

長屋の座敷や商家の作業場、駄菓子屋などが再現されていました。

駄菓子屋には、私も子どもだった頃(遠い昔ですね)、喜んで買っていた

懐かしいお菓子も置かれ、「駄菓子屋さんって、こんな感じだったよなあ」と

いう記憶がよみがえってきました。

1階をぐるっと見学した後で、2階へ。

2階に上がったら、最初のほうに掲載している大型の建物模型が置かれていました。

芸者遊びができる場所を再現したものだと思われますが、その辺りの知識に

乏しいので、うまく説明ができずにすみません。

入口の写真を見直したところ、「江戸風俗人形の世界」というタイトルの

展示期間中だとわかりました。

芸者さんの日々の暮らしがのぞけるような造りになっていて、サイズとしては

大きめの展示になっていました。

大きめというのは、ドールハウスで基準になっている12分の1と比べると、かなり

大きな縮尺だということです。

たまたま建物の前を通ったときに「江戸風俗人形の世界」の展示していたという、

かなりラッキーな出会いだったようです。

2階にはそのほかに、銭湯の番台も設置され、「子どもの頃は、ときどき近所の

銭湯に行ったなあ」という記憶も呼び起こされました。

企画展ごとに2階は展示内容が変わるのだと思われますが、「古き良き時代の

暮らしに関する展示」に興味のある方には、懐かしさを感じたり、子どもだった頃の

記憶を呼び覚ましてくれる資料館だと思います。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください