敦賀赤レンガ倉庫「鉄道ジオラマ館」(福井県敦賀市・2019年11月訪問)

 

福井県敦賀市の「敦賀赤レンガ倉庫」の中にある鉄道ジオラマ館。

敦賀周辺と港の様子をノスタルジックなジオラマに仕立てており、その中を

全長27メートルという長さを残る鉄道(HOゲージ)が走っています。

中に入った時、ちょうど1年前に訪問した高雄市(台湾)にある哈瑪星台湾鉄道館

似た雰囲気だなと感じました。

敦賀港は、杉原千畝氏がユダヤ人に発給した「命のビザ」を持った人たちが

入港した港でもあり、その歴史について、館内を流れるビデオで学ぶことができます。

またジオラマ内には、ところどころ、顔を出して眺めることができる場所が設けられて

いるのですが、その関係で写真に人が写り込みやすくなっており、ちょうどいい角度での

写真がなかなかとりづらくなってしまいました。

鉄道が走る様子は、いつものようにFBのほうに載せていますので、そちらもよろしければ、

覗いてみてください。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 9 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください