MIN NATURE MALAYSIA(マレーシア・クアラルンプール・2019年6月訪問・6月10日より休館中)

MIN NATURE MALAYSIAは、クアラルンプールにある室内型の

ミニチュアワールド(ジオラマ展示)です。

本当は2021年ごろに訪問しようと思っていたのですが、あるとき

MIN NATURE MALAYSIAのFBをのぞいていたら、10日後に

閉館するというお知らせを見つけました。

「えええええっ~~~~~~?」(・□・;)と驚き、一晩考えたのち、

急きょにはなるものの、思い切って訪問することにしました。

FBの閉館記事に気づいたのが5月31日、航空券を買ったのが6月1日、

実際にMIN NATURE MALAYSIAを訪問したのは6月6日。

本当にギリギリのタイミングでしたが、閉館前になんとか

訪問することができました。

現地の方に伺ったところ、MIN NATURE MALAYSIAが入っているのは

サミットというモールなのですが、すぐ近くにピラミッドという新しい

モールができて、客足はそちらに奪われてしまっているとのこと。

グーグルマップで確認すると、ギリギリ歩いても行けるくらいの

距離に、大型のモールができていました。

しかも、そちらは体験型のアクティビティなども充実しているそうで、

MIN NATURE MALAYSIAが入っているサミットとは、かなりの差が

出ているよう。

客足が遠のくのも仕方がないと思いました。

帰国後にまたFBをのぞいたところ、閉館ではなく、移転先を探して

いるようでした。

とはいえ、移転先はまだ見つかっていないようでしたので、急きょでは

ありましたが、「見学しておいてよかったな」と思いました。

ただ、6月はカナダにも行ったので、仕事とミニチュアワールド巡りで

かなりスケジュールがきつく、特にマレーシアの湿気の多さにやられてしまい、

病院と薬が大嫌いな私が、病院に行って、たんまりと薬をもらうことに

なってしまいました(´;ω;`)

さて、余談が長くなりましたが、MIN NATURE MALAYSIAは、その名の通り

ツインタワーはもちろん、マレーシア全土がミニチュアになっておりました。

MIN NATURE MALAYSIA専用のレジデンスもあり、ここには住民がたくさん

住んでいました。

まだまだ住民たちの生活には「未来」があったはずですが、この先は移転先で

住民たちが安心して暮らせることを祈っています。

なぜか、ブラジルのファベーラなどの展示もあって、ファベーラには行ける

ことなら行きたいなあと思っているので、写真をたくさん撮りました。

このブログにも、たくさん載せています!

追記 2019年7月のFBに、「新しい場所を見つけた!」という記述が

   ありました。

   もしかしたら近いうちに、移転が実現するのかもしれません。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください