長浜鉄道スクエア(滋賀県長浜市・2019年11月訪問)

旧長浜駅舎は、現存する駅舎の中で最も古いものだそうです。

完成したのは、明治15年のことになります。

レンガが使われたおしゃれな駅舎の入口を抜けると、そこには

駅長室のほか、1等、2等の待合室などが遺されています。

駅舎を通り抜けた先には、運転体験もできる現物のSL車両などが

展示されているほか、私が訪問した目的である長浜駅のジオラマや

HOゲージを鉄道模型が走る長浜鉄道文化館があります。

長浜鉄道文化館内には、現在の長浜駅のジオラマのほか、明治時代の

長浜駅のジオラマも展示されていました。

現在の長浜駅のジオラマの次に、「現物の長浜駅」の写真も載せて

います。

比較して見ていただけますと、再現度合いが判ると思います。

(撮った角度がイマイチなのは、ご容赦願います)

ちなみに、扉ページの車両は、「ED70形1号 交流電気機関車」と

いうそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください