ポルセレインミュージアム(長崎県佐世保市・ハウステンボス内・2020年12月訪問)

 

長崎県の有名なテーマパークである「ハウステンボス」。

そのハウステンボス内にあるのが、ここでご紹介している「ポルセレインミュージアム」

になります。

ポルセレインミュージアムは、ハーバータウン内にある展示施設。

お土産ショップの横にある小さな美術館なのですが、ジュラシックアイランド行きの

船の乗船場には足を運んでも、その先にあるポルセレインミュージアムまでは、

あまり足を延ばす人がいないのか、館内はひっそりしていました。

人影がほとんどなかったおかげで、ゆっくりと見学できて、私としてはありがたかった

のですが、なんだかもったいないような気も。。。。

ちなみにジュラシックアイランドとは、船で片道40分ほどかかる島。

その島まで専用船に乗って行くと、大人気のアトラクションであるARシューティング

ゲームが体験できるそうです。

人数に限りがあるため、すぐに船のチケットは満席になってしまうようです。

本題のポルセレインミュージアムに話を戻しますと、ここで模型としてご紹介

したいのは「船」になります。

長崎と言えば、船での外交が有名ですので、鎖国していた時代?に実際に

使われていた船の模型が展示されていました。

といっても、ポルセレインミュージアムで圧巻なのは、アイキャッチ画像で

使っている部屋の展示。

ヨーロッパの教会や美術館、博物館を訪れると、見かけることが多い天井画が

描かれていて、その美しさにしばし口を開けたまま、天井を眺めていました💦

また、長崎は焼き物でも有名な土地ということもあり、日常的に使われていたで

あろうサイズのお皿などのほかに、鑑賞用と思われる大型の作品もたくさん展示

されていました。

日本の陶芸技術のすばらしさを感じることができました。

そして後半には、ハウステンボス内の写真を載せています。

有名なイルミネーションが園内のいたるところで光り輝いていました。

イルミネーションと音楽の融合を聞きたいな、と思ってくださる方は、私の

FBをのぞいていただけますと、幸いです。

 

 

 

ここからの4枚は、「テディベアキングダム」の写真です。

 

訪問したのは12月だったので、クリスマスの展示も加わって、園内のデコレーションがにぎやかになっていました。

 

下の2枚は、宿泊したホテルの部屋からの眺めです。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください