Recent Posts

西村京太郎記念館の鉄道ジオラマ(神奈川県足柄下郡湯河原町・2019年1月訪問)

西村京太郎記念館の鉄道ジオラマ(神奈川県足柄下郡湯河原町・2019年1月訪問)

湯河原町にある西村京太郎先生の記念館。 西村作品はそこそこ読んでいるので、記念館があること […]

江ノ電江ノ島駅構内にあるジオラマ作品(神奈川県藤沢市・2019年1月)

江ノ電江ノ島駅構内にあるジオラマ作品(神奈川県藤沢市・2019年1月)

江ノ電江ノ島駅には、石井彰英氏という方が寄贈された 湘南の風景を表現したジオラマがあると聞 […]

浜松ジオラマファクトリー(静岡県浜松市・2019年1月訪問)

浜松ジオラマファクトリー(静岡県浜松市・2019年1月訪問)

日本を代表するプロモデラーであり、ジオラマ作家でもある 山田卓司氏の作品などが展示されてい […]

小田原城内の城の模型(神奈川県小田原市・2019年1月訪問)

小田原城内の城の模型(神奈川県小田原市・2019年1月訪問)

5代にわたる北条氏の城として使われ、3代目当主の時代には 上杉謙信や武田信玄の攻撃に耐えた […]

DMZの見学で見つけたジオラマ(韓国・非武装地帯・2016年11月訪問)

DMZの見学で見つけたジオラマ(韓国・非武装地帯・2016年11月訪問)

アントワープのノートルダム大聖堂と同じく、 2019年のお正月にiphoneの写真を眺めて […]

ノートルダム大聖堂の模型ほか(ベルギー・アントワープ・2017年8月訪問)

ノートルダム大聖堂の模型ほか(ベルギー・アントワープ・2017年8月訪問)

2019年のお正月、iphone内にある写真を眺めていたら、 アントワープを訪れた時に撮っ […]

私の旅行日記・雑感コラム(12)「あけましておめでとうございます!」

私の旅行日記・雑感コラム(12)「あけましておめでとうございます!」

2019年、あけましておめでとうございます。 2018年秋に開設したブログが、初めての新年 […]

シュッシュポポン御徒町店(東京都台東区・2018年12月訪問)

シュッシュポポン御徒町店(東京都台東区・2018年12月訪問)

御徒町駅の近くにある「シュッシュポポン御徒町」。 メトロポリタン丸の内ホテルのジオラマと同 […]

サマーセット済州神話ワールドの全景模型(韓国・済州島・2018年12月)

サマーセット済州神話ワールドの全景模型(韓国・済州島・2018年12月)

テーマパークやウオーターパーク、大型ホテル、コンベンションセンターなどを 有する済州神話ワ […]

国立済州博物館(韓国・済州島・2018年12月訪問)

国立済州博物館(韓国・済州島・2018年12月訪問)

誰でも無料で入場できる国立済州博物館。 かなり大きなジオラマ展示があるということを、トリッ […]

済州ミニランド(韓国・済州島・2018年12月訪問)

済州ミニランド(韓国・済州島・2018年12月訪問)

済州島2つ目のミニチュアパークは、「済州ミニランド」。 とても風が強くて寒い日ながら、前日 […]

小人国(韓国・済州島・2018年12月訪問)

小人国(韓国・済州島・2018年12月訪問)

済州島はミニチュアパークが2つあります。 そのひとつが「小人国」。 訪問した日は雨がパラパ […]

済州空港のレゴランド展示(韓国・済州島・2018年12月訪問)

済州空港のレゴランド展示(韓国・済州島・2018年12月訪問)

済州空港に着いて、レンタカーの受付カウンターを探していたとき、 済州島の観光名所や特産品な […]

メトロポリタンホテル丸の内「東京駅のジオラマほか」(東京都千代田区・2018年12月訪問)

メトロポリタンホテル丸の内「東京駅のジオラマほか」(東京都千代田区・2018年12月訪問)

東京駅に隣接しているメトロポリタンホテル丸の内。 ビルの27階がホテルフロントになっていて […]

私の旅行日記・雑感コラム(11)「パリ旅行を充実させたいなら」

私の旅行日記・雑感コラム(11)「パリ旅行を充実させたいなら」

雑感コラム(10)で、パリでの強盗被害を書きましたが、 契約した日でもないのに、「緊急対応 […]

高雄市歴史資料館「二二八事件のジオラマ」(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

高雄市歴史資料館「二二八事件のジオラマ」(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

1947年2月28日に台北市で発生し、その後、台湾全土に広がったと される「二・二八事件」 […]

林百貨「店内に展示されていたミニチュア作品」(台湾・台南市・2018年11月)

林百貨「店内に展示されていたミニチュア作品」(台湾・台南市・2018年11月)

山口県出身の林与一さんという実業家が、日本統治時代に建てたという 林百貨。 百貨店のある末 […]

哈瑪星台湾鉄道館(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

哈瑪星台湾鉄道館(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

2016年7月、高雄にオープンした「哈瑪星台湾鉄道館」。 「哈瑪星」という名称は、日本統治 […]

赤嵌楼[せっかんろう]の模型ほか(台湾・台南市・2018年11月訪問)

赤嵌楼[せっかんろう]の模型ほか(台湾・台南市・2018年11月訪問)

赤嵌楼(せっかんろう)は1653年に、当時、台湾南部を占領していた オランダ人によって建て […]

若桜鉄道のジオラマ(鳥取県八頭郡若桜町・2018年11月)

若桜鉄道のジオラマ(鳥取県八頭郡若桜町・2018年11月)

観光列車「昭和」に乗車するために訪れた若桜駅。 そんな若桜駅のグッズ売り場に、なんと! か […]

天地[あめつち](JR西日本・米子駅☞鳥取駅・2018年11月乗車)

天地[あめつち](JR西日本・米子駅☞鳥取駅・2018年11月乗車)

JR西日本の「天地[あめつち]」は、2018年の夏にデビューした ばかりの観光列車。 HP […]

ラ・マル・ド・ボァ(JR西日本・福山駅☞岡山駅・2018年11月乗車)

ラ・マル・ド・ボァ(JR西日本・福山駅☞岡山駅・2018年11月乗車)

JR西日本の観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」。 カバンをデザインした窓が特徴の車両のデザイン […]

昭和(若桜鉄道・若桜駅☞郡家駅・2018年11月乗車)

昭和(若桜鉄道・若桜駅☞郡家駅・2018年11月乗車)

若桜鉄道の観光列車「昭和」。 若桜駅から郡家駅まで30分くらいという短い乗車時間ですが、 […]

シュッシュポポン(イオンモールKYOTO・2018年11月訪問)

シュッシュポポン(イオンモールKYOTO・2018年11月訪問)

京都編の第3弾は、イオンモールKYOTOにある 「BURGER&PUBシュッシュポ […]

京都ジオラマJAPAN(京都市・嵯峨嵐山駅隣・2018年11月訪問)

京都ジオラマJAPAN(京都市・嵯峨嵐山駅隣・2018年11月訪問)

トロッコ嵯峨駅の隣にある「京都ジオラマJAPAN」。 ネットで見ただけでは、どのくらいの規 […]

京都鉄道博物館(京都市・2018年11月訪問)

京都鉄道博物館(京都市・2018年11月訪問)

京都駅近くにある「京都鉄道博物館」。 京都には毎年、出張などで行っていますが、鉄道博物館を […]

萩城の6分の1模型&萩城周辺のジオラマ(山口県萩市・2018年10月)

萩城の6分の1模型&萩城周辺のジオラマ(山口県萩市・2018年10月)

島根県に出張した際、翌日に観光列車に乗ろうと、 東萩駅から徒歩圏のホテルに宿泊しました。 […]

萩博物館(山口県萩市・2018年10月訪問)

萩博物館(山口県萩市・2018年10月訪問)

山口県萩市にある「萩博物館」。 ここを訪れたのは、本当に偶然のこと。 貸自転車で萩市内を散 […]

私の旅行日記・雑感コラム(10)「パリでの強盗?被害」

私の旅行日記・雑感コラム(10)「パリでの強盗?被害」

2018年10月には、フランス・イスラエル・トルコの3か国のミニチュアパークを 見学してき […]

オランジュリー美術館の模型(フランス・パリ・2018年10月訪問)

オランジュリー美術館の模型(フランス・パリ・2018年10月訪問)

オルセー美術館の見学を終えたあと、オランジュリー美術館にも 足を運んでみました。 こちらは […]


袖珍博物館(台湾・台北・2014年5月ほか3回訪問)

袖珍博物館(台湾・台北・2014年5月ほか3回訪問)

袖珍博物館は、台北市内にあるドールハウスの博物館です。

宿泊していたホテルで、「たまたま」パンフレットを見つけ、

歩いて行ける距離だったので、「ちょっと覗いてみようかなあ」

という気軽な感じで、散歩がてらに訪問しました。

ところが、訪問してみてビックリ!

なんとも素敵で、しかも!ものすごい点数のドールハウスが並んで

いたからです。

編集者の知人に聞いたところ、台湾のドールハウスの精巧さは、

世界でも指折りとのこと。

ドールハウスの中に、ドールハウスが作られているものもあり、

その小ささにも驚きました。

このページの画像の、一番最初の写真が、それ!です。

「小ささ」が分かりやすいように、3枚の写真を並べてみました。

初めて訪問した時には、展示数の多さなどに圧倒されてしまい、

ひとつひとつの作品はあまり記憶に残っていなかったので、初めて

訪問してからも2回再訪。

今後も台北に行く際は、必ず訪問したいと思っている博物館です。

私がミニチュアワールドに興味を持ったのは、オランダのマドローダムが

きっかけになっていますが、世界各国を回るようになったきっかけは、

この袖珍博物館のように感じています。

袖珍博物館は、台北駅からタクシーでも10分程度という、とてもアクセスが

よく、訪問しやすい博物館ですので、多くの方に袖珍博物館を訪れていただき、

ドールハウスの素晴らしさを感じて欲しいと思っています。