Recent Posts

若桜鉄道のジオラマ(鳥取県八頭郡若桜町・2018年11月)

若桜鉄道のジオラマ(鳥取県八頭郡若桜町・2018年11月)

観光列車「昭和」に乗車するために訪れた若桜駅。 そんな若桜駅のグッズ売り場に、なんと! か […]

天地[あめつち](JR西日本・米子駅☞鳥取駅・2018年11月乗車)

天地[あめつち](JR西日本・米子駅☞鳥取駅・2018年11月乗車)

JR西日本の「天地[あめつち]」は、2018年の夏にデビューした ばかりの観光列車。 HP […]

ラ・マル・ド・ボァ(JR西日本・福山駅☞岡山駅・2018年11月乗車)

ラ・マル・ド・ボァ(JR西日本・福山駅☞岡山駅・2018年11月乗車)

JR西日本の観光列車「ラ・マル・ド・ボァ」。 カバンをデザインした窓が特徴の車両のデザイン […]

昭和(若桜鉄道・若桜駅☞郡家駅・2018年11月乗車)

昭和(若桜鉄道・若桜駅☞郡家駅・2018年11月乗車)

若桜鉄道の観光列車「昭和」。 若桜駅から郡家駅まで30分くらいという短い乗車時間ですが、 […]

シュッシュポポン(イオンモールKYOTO・2018年11月訪問)

シュッシュポポン(イオンモールKYOTO・2018年11月訪問)

京都編の第3弾は、イオンモールKYOTOにある 「BURGER&PUBシュッシュポ […]

京都ジオラマJAPAN(京都市・嵯峨嵐山駅隣・2018年11月訪問)

京都ジオラマJAPAN(京都市・嵯峨嵐山駅隣・2018年11月訪問)

トロッコ嵯峨駅の隣にある「京都ジオラマJAPAN」。 ネットで見ただけでは、どのくらいの規 […]

京都鉄道博物館(京都市・2018年11月訪問)

京都鉄道博物館(京都市・2018年11月訪問)

京都駅近くにある「京都鉄道博物館」。 京都には毎年、出張などで行っていますが、鉄道博物館を […]

萩城の6分の1模型&萩城周辺のジオラマ(山口県萩市・2018年10月)

萩城の6分の1模型&萩城周辺のジオラマ(山口県萩市・2018年10月)

島根県に出張した際、翌日に観光列車に乗ろうと、 東萩駅から徒歩圏のホテルに宿泊しました。 […]

萩博物館(山口県萩市・2018年10月訪問)

萩博物館(山口県萩市・2018年10月訪問)

山口県萩市にある「萩博物館」。 ここを訪れたのは、本当に偶然のこと。 貸自転車で萩市内を散 […]

私の旅行日記・雑感コラム(10)「パリでの強盗?被害」

私の旅行日記・雑感コラム(10)「パリでの強盗?被害」

2018年10月には、フランス・イスラエル・トルコの3か国のミニチュアパークを 見学してき […]

オランジュリー美術館の模型(フランス・パリ・2018年10月訪問)

オランジュリー美術館の模型(フランス・パリ・2018年10月訪問)

オルセー美術館の見学を終えたあと、オランジュリー美術館にも 足を運んでみました。 こちらは […]

THE VICTORY MUSEUM(トルコ・イスタンブール・2018年10月訪問)

THE VICTORY MUSEUM(トルコ・イスタンブール・2018年10月訪問)

ミニチュルクを見学するために訪れたイスタンブール。 ミニチュルクを見学しているとき、園内に […]

ブログをオープンするに当たり・・・感謝したい人がいます

ブログをオープンするに当たり・・・感謝したい人がいます

このブログの記事は自分で書き、写真も自分でアップしていますが、 それ以外の作業は、ひきこも […]

MINIATURE LIFE展(日本橋高島屋にて・2018年9月)

MINIATURE LIFE展(日本橋高島屋にて・2018年9月)

毎日更新されるミニチュアカレンダーで、とっても有名な ミニチュア写真家の田中達也さん。 写 […]

いすゞプラザ(神奈川県藤沢市・2018年9月訪問)

いすゞプラザ(神奈川県藤沢市・2018年9月訪問)

神奈川県藤沢市にある「いすゞプラザ」。 名前の通り、いすゞ自動車関連の施設で、周囲には い […]

ミニチュアワールドカフェ(愛知県豊川市・2018年9月訪問)

ミニチュアワールドカフェ(愛知県豊川市・2018年9月訪問)

愛知県豊川市にある「ミニチュアワールドカフェ」。 店内のテーブルすべてにミニチュア作品が飾 […]

私の旅行日記・雑感コラム(9)「ホテルの選び方2」

私の旅行日記・雑感コラム(9)「ホテルの選び方2」

個人旅行をする機会が多い方は、自分が使いやすいホテルの予約サイトを 決めているケースが多い […]

「gravis5」のミニチュアドールハウス(門司港レトロのイベント会場にて・2018年9月)

「gravis5」のミニチュアドールハウス(門司港レトロのイベント会場にて・2018年9月)

九州鉄道記念館に向かう際、門司は焼きカレー発祥の地だと聞いていたので、 焼きカレーの老舗で […]

九州鉄道記念館(福岡県北九州市・2018年9月訪問)

九州鉄道記念館(福岡県北九州市・2018年9月訪問)

門司港駅から徒歩で数分の距離にある「九州鉄道記念館」。 ステージ・ワン(「ジオラマ展示のス […]

鉄道模型「ステージ・ワン」(福岡県北九州市・2018年9月訪問)

鉄道模型「ステージ・ワン」(福岡県北九州市・2018年9月訪問)

福岡県の小倉にある鉄道模型などの販売ショップ「ステージ・ワン」。 「九州最大級の鉄道ジオラ […]

私の旅行日記・雑感コラム(8)「ブログの公開日」

私の旅行日記・雑感コラム(8)「ブログの公開日」

このブログは、2018年9月半ばに公開しました。 6月頃から少しずつ、写真とコラムを増やし […]

私の旅行日記・雑感コラム(7)「ホテルの選び方1」

私の旅行日記・雑感コラム(7)「ホテルの選び方1」

個人旅行の場合、ホテル選びで悩む機会が少なくありません。 アクセスの良さで選ぶことが多いの […]

私の旅行日記・雑感コラム(6)「海外旅行先でのトラブル3」

私の旅行日記・雑感コラム(6)「海外旅行先でのトラブル3」

トラブルの話を続けて書いていますが、私史上!一番の トラブルだと思っているのは、イタリアで […]

私の旅行日記・雑感コラム(5)「海外旅行先でのトラブル2」

私の旅行日記・雑感コラム(5)「海外旅行先でのトラブル2」

初めて海外旅行に行ったのは、小学校6年生の時。 行き先は台湾とフィリピンで、我が家は両親と […]

私の旅行日記・雑感コラム(4)「海外旅行先でのトラブル1」

私の旅行日記・雑感コラム(4)「海外旅行先でのトラブル1」

私のように語学力のない者が個人で海外旅行をしていると、 いろいろなトラブルに見舞われます。 […]

私の旅行日記・雑感コラム(3)「レゴランド&ディズニーランド&ユニバーサルスタジオ」

私の旅行日記・雑感コラム(3)「レゴランド&ディズニーランド&ユニバーサルスタジオ」

ミニチュアワールドの中に含めているレゴランド巡り。 そんなレゴランドには、パーク方式のレゴ […]

私の旅行日記・雑感コラム(2)「訪問するか、あきらめるかの判断」

私の旅行日記・雑感コラム(2)「訪問するか、あきらめるかの判断」

2018年夏の時点での計画では、訪問したいと思っている(=自分の中 での優先順位の高い)ミ […]

私の旅行日記・雑感コラム(1)「ミニチュアワールドへは個人旅行で」

私の旅行日記・雑感コラム(1)「ミニチュアワールドへは個人旅行で」

ブログを訪問してくださった方へ。 まずは、私のブログを見つけてくださって、ありがとうござい […]

ペーロン船と石油製品運搬船の模型(兵庫県相生市・2018年9月)

ペーロン船と石油製品運搬船の模型(兵庫県相生市・2018年9月)

新幹線の相生駅を降りたら、ペーロン船とIHIの 石油製品運搬船の模型が置いてありました。 […]

姫路城「姫路城下の模型」(兵庫県姫路市・2018年9月)

姫路城「姫路城下の模型」(兵庫県姫路市・2018年9月)

姫路駅でレンタカーを返す日程を組んでいたので、 姫路城に行こうかなあとも 思ったのですが、 […]


袖珍博物館(台湾・台北・2014年5月ほか3回訪問)

袖珍博物館(台湾・台北・2014年5月ほか3回訪問)

袖珍博物館は、台北市内にあるドールハウスの博物館です。

宿泊していたホテルで、「たまたま」パンフレットを見つけ、

歩いて行ける距離だったので、「ちょっと覗いてみようかなあ」

という気軽な感じで、散歩がてらに訪問しました。

ところが、訪問してみてビックリ!

なんとも素敵で、しかも!ものすごい点数のドールハウスが並んで

いたからです。

編集者の知人に聞いたところ、台湾のドールハウスの精巧さは、

世界でも指折りとのこと。

ドールハウスの中に、ドールハウスが作られているものもあり、

その小ささにも驚きました。

このページの画像の、一番最初の写真が、それ!です。

「小ささ」が分かりやすいように、3枚の写真を並べてみました。

初めて訪問した時には、展示数の多さなどに圧倒されてしまい、

ひとつひとつの作品はあまり記憶に残っていなかったので、初めて

訪問してからも2回再訪。

今後も台北に行く際は、必ず訪問したいと思っている博物館です。

私がミニチュアワールドに興味を持ったのは、オランダのマドローダムが

きっかけになっていますが、世界各国を回るようになったきっかけは、

この袖珍博物館のように感じています。

袖珍博物館は、台北駅からタクシーでも10分程度という、とてもアクセスが

よく、訪問しやすい博物館ですので、多くの方に袖珍博物館を訪れていただき、

ドールハウスの素晴らしさを感じて欲しいと思っています。