太平洋津波博物館(ハワイ島・ヒロ・2019年2月訪問)

1946年と1960年の2回、大きな津波に襲われたヒロの街に

津波に関する展示をしている太平洋津波博物館があります。

ヒロの街がどのように津波の被害を受けたのかを説明する

展示のほかには、津波のメカニズムを説明する装置なども

置いてありました。

博物館内には映写ルームがあって、津波による被害の様子や

津波警報が出たらどのように行動したらいいのかの解説などを

視聴できました。

ちなみに、太平洋津波博物館は、もともと銀行だった建物を

利用しているらしく、この映写ルームは大金庫を活用して

います。

金庫だったとわかる重厚な扉を通って中に入ります。

映像を見ていて個人的に印象的だったのは、海で溺れかかっていた

日系人の方が船に救助され・・・50年くらいの時を経たのち、

助けてくれた方と再会した様子です。

館内には、東日本大震災のことも紹介されていましたので、この

博物館を訪れ方は、日本での被害にも思いを寄せてくださるのかも

しれません。

ちなみに2枚目の写真は、博物館の前の様子。

穏やかな海が望めますが、この海がヒロの街を襲ったわけで、

複雑な思いで眺めました。

津波の被害によって、市庁舎などの機能は少し内陸に移動

していますが、模型は津波で被害を受ける前のヒロの街の

様子です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください