警察博物館(韓国・ソウル・2019年10月訪問)

 

ソウルの光化門から徒歩数分のところにある「警察博物館」。

韓国の警察組織で使われているものの展示、たとえば指紋を採取する

道具や麻薬捜査に使われるものなどとともに、特殊警察の活動の様子が

ジオラマになっていると聞いて、訪問してみました。

博物館の入館料は、無料です。

特殊警察というだけあって、ジオラマの中には逃走する犯人を

追いかける様子や犯人逮捕の場面など、警察ならではのシーンが

たくさん盛り込まれていました。

電車内での人質事件がジオラマの中に再現されていたりと、ジオラマ

のサイズはそれほど大きなものではありませんが、見応えのある

内容に仕上がっておりました。

少しだけですが、ジオラマの後には、実際の展示品を載せてみました。

1階ではパトカーに試乗もできます。

余談ですが・・・

私が一生懸命ジオラマの写真を撮っていたら、上の階からお偉いさん

らしき方々がたくさん下りてきて、フロアの見学を始めました。

日韓関係において、さまざまな問題が生じているときでしたので、

条件反射的に緊張してしまいましたが、日本人らしきおばさんが

一生懸命写真を撮っている姿をチラッと眺められただけでした。

訪問した時期は・・・・

タマネギ男と呼ばれていた、チョグク氏の奥様が在宅起訴される

前日?だったらしく、光化門の近くではデモをやっていましたが、

前回韓国に行った時のほうが、もっと大規模なデモをやってしましたし、

ソウルではなんだかいつもデモに出会うので、デモは見慣れた感じです。

ただ、ソウル市内、しかも光化門の近くにある警察博物館の中に

日本人がいても大丈夫なんだろうか・・とちょっとビビった私でした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください