高雄市歴史資料館「二二八事件のジオラマ」(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

1947年2月28日に台北市で発生し、その後、台湾全土に広がったと

される「二・二八事件」。

当時の様子をジオラマに仕立てたものが、高雄市歴史博物館に

展示されています。

訪問前、ネット検索で写真を見ていた時には、二二八事件の

ジオラマだということはわかりませんでした。

そのため、実際のジオラマを見て、普通に暮らす台湾の方々が

数多く虐殺されてしまった事件が再現されているという内容に、

衝撃を受けました。

写真は、市庁舎に押し掛けた市民が銃撃される様子だと思われ

ますが、その衝撃が伝わるでしょうか。

高雄歴史博物館は、日本の統治時代は市役所として、終戦後は

高雄政府の庁舎として使われていたそうで、庁舎として

使われていた時代の事件になります。

高雄市民の記憶に残る建物ですが、博物館になった現在は、

誰でも無料で入場できます。

二二八事件のジオラマ以外にも、常設展、企画展がたくさん

ありますので、高雄に行かれる機会がある方は、足を運んで

みてはいかがでしょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください