チャンアン周辺?の模型(ベトナム・チャンアン・2017年1月)

2016年の大みそかは、オウコ―号という、ハロン湾で2泊できる船に

乗っており、2017年はその船の上で迎えました。

食事がおいしいという噂を聞いていましたが、食事は本当に評判通り。

アクティビティの種類も多くて、とても快適に過ごせる船でした。

そんなオウコ―号に乗船している時、「チャンアンクルーズが人気」

という話を耳にしました。

「行きたい!」と思ったら、猪突猛進タイプの私は、すぐさま、

チャンアンクルーズのオプショナルツアーを予約。

子どもたちは「興味ない」とのことでしたので、主人と2人で

チャンアンクルーズに参加しました。

クルーズと言っても、オウコ―号と比べると、小さな船に乗って

風光明媚なチャンアンを静かに観光するシステムですが、船からの

景観はとても素晴らしく、人気だというのもうなづけましたね。

本当に静かで、手つかずの自然が残されている感じです。

ただ、ですね。

ひとつこんなことがありました。

オプショナルツアーの乗客達は、2艘に分かれて4人ずつ乗船し、

私は自分が乗った船を全力?で漕ぎました。

主人にも頑張って漕ぐように指令?を出しました。

ところが、誰も漕いでいない隣の船と、スピードがまったく

変わりません。

ふと後ろを見ると、我が夫婦が一生懸命漕いでいたので、

漕ぎ手の女性は、携帯電話で長話(-_-;)

まったく漕いでいませんでした(´;ω;`)

あんなに一生懸命に漕がず、景観をもっと楽しめばよかったと

後悔しましたね。

主人にも申し訳ないことをしたなあと、猛反省(;^ω^)

さて、模型の話になかなかたどり着きませんが、オプショナル

ツアー中に訪問したお寺のようなところで、周辺を模型に

したと思われるジオラマを見つけました。

どこをジオラマにしたのか、まったく説明ができませんが、

ハロン湾やチャンアンの写真を載せてごまかしつつ、

掲載させていただきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − sixteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください