手柄山交流ステーション「大博覧会のときの手柄山中央公園と姫路モノレールの模型」(兵庫県姫路市・2019年9月訪問)

兵庫県姫路市にある「手柄山交流ステーション」。

姫路で大博覧会があった時の手柄山中央公園の様子を、ジオラマで再現してあると聞き、

足を運んでみました。

ジオラマが置かれているのは、施設の2階。

隣には乗車体験ができる車両が置かれています(ジオラマが乗車車両の隣に置かれて

いるという表現のほうが正しい気がしますが)。

手柄山中央公園のジオラマとしての作品性は、正直「う~ん」という感じでしたが

(ごめんなさい)、事前情報になかったモノレールの模型は、海外の鉄道博物館に

あるような感じで、作品性もバッチリ!

手柄山交流ステーションの案内図にも載っていないので、かなり後から作られたもの

だと思われます。

タクシー運転手さんの話によると、姫路駅から手柄山中央公園駅までのモノレールは、

地元の有力者の肝いり?(個人的な思惑?)で作られたもので、多額の税金が

投入されたにもかかわらず、わずかに8年で廃止に追い込まれたとのこと。

市民の方にはいろいろな思いがあるかもしれませんが、手柄山交流ステーションで

当時の姿を見ることができます。

手柄山中央公園は、さまざまな運動イベントに使われている場所でもあり、地元市民の

憩いの場でもあるそうです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください