駒澤大学禅文化歴史博物館「昭和30年代の大学周辺と玉電のジオラマ&永平寺のジオラマ」(東京都世田谷区駒沢・2019年1月訪問)

ジオラマを製作している会社のHPをのぞいていたら、

駒澤大学に昭和30年代の大学周辺と玉電のジオラマが

あることを知りました。

そのジオラマは、駒澤大学禅文化歴史博物館の2階に

展示されています。

入場料は無料です。

ジオラマ内に置かれている玉電は、本来、動く設計に

なっていたようですが、訪問したときには、ボタンに

シールが貼られていて、動かすことはできませんでした。

壊れてしまったんでしょうかね!?

現在は校舎も高層化しているため、当時の面影はありませんが、

「昔の校舎はこういう配置だったんだなあ」と思いながら、

しばらくじっと、ジオラマを眺めておりました。

ところで!

事前情報なく、出会えたのは「永平寺周辺のジオラマ」。

曹洞宗の大本山である永平寺を、ジオラマで鑑賞できる

のは、なんだか不思議な気分でしたね。

追記 写真の最後に、「電車とバスの博物館」に展示

   されていた本物の玉電の車両の写真を追加しました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください