久慈琥珀博物館「マルボルク城の琥珀模型」ほか(岩手県久慈市・2014年3月訪問)

ときは、2014年3月。

「TOHOKU EMOTION」に乗車するために久慈を訪れたとき、

久慈琥珀博物館にも足を運んでみました。

久慈は国内最大級の琥珀の産地。

久慈琥珀博物館では、館内展示だけではなく、琥珀を採掘していた

時の坑道跡 (見学用の坑道跡)なども あって興味深い博物館でした。

そのうえ!ポーランドのマルボルク城(なぜ、ポーランド?)の

模型や帆船の模型、 結婚式の様子などが、琥珀で再建されて

いました。

ロシアのエカテリーナ宮殿には「琥珀の間」があるので、

エカテリーナ宮殿ならなんとなく、理解できそうな気がするの

ですが、ポーランドのお城とは、意外ですね。

そこで、マルボルク城をネットで調べてみたら、「マルボルクの

ドイツ騎士団の城」として、 世界文化遺産に 登録されている

お城でした。

琥珀の模型は、なかなかお目にかかれないと思いますので、

番外編に掲載したいと 思います。

最後の写真は、坑道跡です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください