グルカ博物館(イギリス・ウインチェスター・2019年GWに訪問)

ウィキペディアによりますと・・・

グルカとは「ネパールのグルカ族出身者で構成される山岳戦・白兵戦に非常にたけた

戦闘集団であると考えられているが、実際にはグルカ族なる民族は存在せず、マガール族、

グルン族、ライ族、リンブー族などの複数のネパール山岳民族から構成されている」

と書かれています。

そんなグルカ族の人たちが、戦争で戦った様子がジオラマで見られる博物館がイギリスの

ウエストミンスターにあると知り、足を運んでみました。

グルカ族の人たちが、地形を生かして防戦する様子などが、いくつものジオラマに仕立て

られていました。

この博物館。

日本人はほとんど訪れることがないようで、「どこから来たの?」「次はどこに行くの?」

などと、受付の方にいろいろ聞かれてしまいました(;^_^A

日本人が、なんで来たのか、とーっても不思議そうでした。

ところで。。。戦争ジオラマを初めてみたのは、オーストラリア戦争記念館でのこと。

ジオラマとはいえ、多数の死体を目にして、その生々しさにちょっと気分が悪くなりました。

その後、トルコでも戦争ジオラマを見る機会があり、今回が3回目。

戦争ジオラマが好きなわけではありませんが、いろいろな意味で勉強になる展示だと

感じています。

また・・・

戦争時というのは、ジオラマのような厳しい日々を強いられるのかという点で、戦争の

ない時代に生まれたことに感謝するとともに、戦争で亡くなった方々のご冥福を祈らずには

いられない。。。

そんな気持ちで見学したグルカ博物館でした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください