シテ・デュ・トラン(フランス・ミュルーズ・2019年8月訪問)

スイスの記事をアップした後になりますが、2019年の夏休みは、

スイスの前にフランス・リヨンに滞在していました。

フランスとスイスのミニチュア巡りの旅でした。

スイスではレンタカーを利用したのですが、フランスはリヨンだけしか

滞在しない予定だったために、レンタカーは借りず、スイスへの移動も

列車を利用しました。

違う国にレンタカーを返すと、乗り捨て料金がかなり高くなるため、

2国でレンタカーを借りるのはもったいないと考えたからです。

ところで、フランスで滞在していたリヨンから、チューリッヒへ移動する

際は、最低でも1回は乗り換えをしないとなりません。

乗り換えの回数を最小にするため、私はミュルーズ駅での乗り換えを

選択しました。

ミュルーズ駅では乗り換え時間の少ないプランも選べたのですが、

列車が遅延した場合、乗り継ぎの列車に乗れないリスクがあるため

(私は遅延によく遭うこともありまして)、少し余裕をもって

乗り継ぎの列車を選択しました。

乗り継ぎまでには時間的な余裕があるときに限って、時間通りに

ミュルーズ駅に到着

待ち時間がそれなりにあったので、ミュルーズ駅の近くのカフェで

コーヒーを飲んで、列車を待つことにしました。

カフェでコーヒーを飲み始めた時、ミュルーズには車両が100両以上

展示されている鉄道博物館があることに気づきました。

ミュルーズに車の博物館があることは知っていたのですが、鉄道博物館は

ノーマーク!!!

「ええええええ~~~~??? なんで、今頃気づくの。私・・・」って

感じで、自分にツッコミを入れましたね。

時間に余裕があるといっても、乗り継ぎまで1時間ちょっとしかありません。

「行くか、あきらめるか」で2~3分悩んでいましたが、同行した次男から

「行かなければ、一生、グチグチといい続けることになるよ」と言われ、

主人と息子をカフェに残して、私だけタクシーを利用して鉄道博物館に

向かいました。

帰りのタクシーを呼んでもらって待つ時間もないため、ミュルーズ駅から

乗車したタクシーの運転手さんに博物館の前で待機してもらい、大急ぎで

鉄道ジオラマの写真を収めました。

「シテ・デュ・トラン」という名前もわからないまま、「この町で有名な

鉄道博物館に行って欲しいんです。そして、20分くらいで出てきますので、

博物館の前で待機していただくことは可能ですか」と、グーグル翻訳を

使って、タクシーの運転手さんに頼みました。

グーグル翻訳って、こういうとき、本当に役に立ちますね。

英語もままならないのに、フランス語で伝えるなんて、絶対に無理ですからね。

なかなかシテ・デュ・トランの話まで行きつきませんが、短い時間ながら、

訪問してよかったと、心から思いました。

車両が100両以上というのも、誇張ではなく、本当にたくさんの本物の車両が

並んでいました。

ただ、20分くらいしか写真を撮る時間がないため、失礼ながら、車両の多さが

私の行く手をはばむ感じで???、なかなか鉄道ジオラマにたどり着けず・・・。

「なんで、こんなに車両が多いのよ~!!」と思いながら、鉄道ジオラマを

探しました。

お目当ての鉄道ジオラマは奥のスペースにあり、規模はそれほど大きくないの

ですが、コンパクトな中に、街中の様子、事故現場、遊園地などが再現されて

いて、とても素敵に仕上がっていました。

事故現場で、緊急車両が働いているシーン、とっても好きなんですよね、私。

10数分置きに暗転すると、今度はネオンがキラキラ輝きます。

鉄道も常時動いていて、お子さんたちも動く鉄道を追いながら、楽しそうに

ジオラマを眺めていましたね。

私も根性出して?訪問してよかったと思えた鉄道博物館でした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください