東武博物館(東京都墨田区・2019年11月訪問)

 

東武鉄道の文化や歴史を学べる「東武博物館」。

蒸気機関車やデハ1号型車両、ED101形電気機関車、デラックスロマンスカーなどの

車両が展示されているほか、関東平野の中で、東武鉄道が走る様子を再現した

鉄道ジオラマなどもが見学できます。

東武博物館を訪問したのは昨年11月のことなので、半年以上経ってからのアップに

なってしまいました(;^ω^)

ちなみに東武博物館で、2019年までに訪問した場所で、掲載ができるところは

(写メがNGだったり、撮影はできても掲載は不可だったりする場所を除くと)、

すべてブログにアップしたことになります。

関東平野の中で東武鉄道が走る様子が見られるジオラマを目当てに訪問しましたが、

入館してみたら、入り口近くに、ドイツの鉄道ジオラマ模型が展示されていました。

写真では、後半のほうにまとめて掲載している、ケースに入ったジオラマが、それです。

ドイツの鉄道ジオラマ模型は、私がとても好きなタイプのジオラマで、目当てにして

いた関東平野のジオラマ以上に、じっくり鑑賞( ´艸`)

ドイツの街並みや車両の数々、お城なども作り込まれていて、なんだかとっても

得した気分になりました。

東武博物館は、東向島駅からすぐの場所にありますので、東武線を利用したり、

浅草観光をされたときなどに、足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください