生月町博物館(長崎県平戸市・2020年12月訪問)

 

江戸時代に日本最大規模を誇ったクジラ漁(益冨捕鯨)の様子や、

長いあいだ迫害を受けてきた隠れキリシタンに関する展示を

鑑賞できるのが。生月町博物館です。

前半の写真はクジラ漁をジオラマに仕立てたもので、海でクジラを

捕まえたときの様子のジオラマは、ジオラマ自体が動くような

仕組みになっていて、さらに音響効果も加わって、臨場感たっぷりの

作品に仕上がっていました。

クジラを捕まえた後の様子は、別のジオラマ模型で鑑賞できます。

さまざまなジオラマ模型を見てきていますが、「クジラ」をテーマに

した模型は、おそらく日本ではほかにないように思います・・・

(もしあったら、教えてください)

生月町は少し遠かったですが、足を運んだ価値のある博物館だったと

思います( ´艸`)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 − 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください