立川美術館「山車の模型」(愛知県半田市・2019年11月訪問)

 

ひとつ前にアップした「かめざき鉄道ジオラマ館」は、立川美術館の別館という

位置づけになっていました。

その‶本館″に当たる立川美術館を見学したら、なんと!想像もしていなかった

「山車の模型」がところ狭しと何十台、いえ100台以上?並んでいました。

山車の模型を展示した美術館があることなど、人生で想像をしたこともありません

でしたから、驚きながら館内を見学しました。

見学には、美術館の方が同行して、山車の歴史や製作者の情報などを、丁寧に

説明してくださいます。

近所のお祭りで、山車を引く子どもたちを眺めることはあっても、山車そのものを

じっくり見学したことはありませんでしたが、山車に使う木材のこと、山車の保管方法

などなど、いろいろな説明を受けたので、次回のお祭りの時には、山車そのものを

じっくりと観察したいと思うようになりました。

これほどたくさんの山車を見れる機会は?めったにないと思いますので、お祭り好きの

方にはおすすめできる美術館だと思います。

ちなみに最後の写真は、本物の山車です。

「乗ってみますか?」と聞かれたので、ありがたく乗せていただきました。

止まっている山車に乗るだけでも足元は不安定な感じですから、「動いている山車に

乗るのって、大変なんだなあ」と感じた‶乗車体験″になりました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight + 11 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください