Islamic Arts Museum Malaysia「モスクの模型」(マレーシア・クアラルンプール・2019年6月訪問)

マレーシア・クアラルンプールにある「ISLAMIC ARTS MUSEUM MALAYSIA」。

世界各国のモスクの模型を見ることができると知り、足を運んでみました。

実はこのミュージアムには、2回足を運びました。

1回目に行ったときは、特別な休暇?とのことで、中に入ることはできません

でした。

私と同じように、入れなかった人が、数人、入り口周辺で佇んでいたので、

その方たちは、再訪するチャンスがなく、気落ちしていたのかもしれません。

どうしても見学したかったので、帰国する日の朝いちばんで、再訪。

飛行機の時間を考えると、ギリギリの訪問でしたが、2回目の訪問で、何とか

見学することができました。

写真をご覧いただくと、お分かりいただける通り、世界各国のモスクが

ミニチュアで再現されています。

私自身、実物を見たことがあった建物がいくつかあり、「そうそう!

こんな感じだった」と、ひとりでテンションがあがりまくり。

私たち以外は、イスラム教徒の方々らしく(当然ですね)、私のような日本人が

熱心に写真を撮っている様子が珍しいようでした。

そりゃ、そうですよね。

イスラム教徒に思えないのはもちろんとして、宗教に興味がありそうにも

見えませんから。。。。。

国立モスクのすぐ近く(徒歩1分くらい)のところにありますので、クアラルンプールを

訪れる機会がありましたら、見学してみる価値のある美術館だと思います!

余談ですが、テルアビブに世界中のシナゴークの模型を集めた「ディアスポラ博物館」が

あります。

前回、イスラエルに行った時には、時間の関係で立ち寄れなかったのですが、

今回モスクの模型を見たら、ディアスポラ博物館にどうしても行きたくなりました。

成田からテルアビブへの直行便が就航するようですので、なるべく早く、イスラエルを

再訪したいと思っています。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください