アムステルダム国立美術館「ドールハウスほか」(オランダ・アムステルダム・2017年8月訪問&2019年5月訪問予定)

「アンネの家」の見学をするために訪れたアムステルダム。

アンネの家の見学を終えた後、歩いて行けるという理由で訪問したのが、

アムステルダム国立美術館でした。

レンブラントの『夜警』が見られる美術館という、誰でも知っていることすら

きちんと理解していない状態で訪れましたが、その規模といい、美術品の多さ

といい、「事前に下調べをしたうえで、時間を相当かけて行くべきところ」だと

反省するほど、見応えのある美術館でした。

(今度はちゃんと美術品を鑑賞するために、2019年のGWに再訪する予定です!)

美術品については、いろいろなところで情報を得られると思いますので、

美術オンチの私があえて 触れることはしませんが(-_-;)、こちらも事前情報が

まったくないまま、なんと!突然ドールハウスが表れました。

まったく予想していませんでしたので、嬉しいサプライズではありましたし、

ドールハウス以外にも、 長崎の出島の模型や、おそらく植民地だった場所の生活を

ジオラマに仕立てたのではないかという作品も ありました。

イギリスのウインザー城にはメアリー女王のドールハウスがあって、2019年に

訪問する予定にしていますが、そちらは写真撮影がNGとのこと。

アムステルダム国立美術館のほうは、写真は自由に撮れましたので、バチバチと

収めさせていただきました。

最後に、美術オンチの私でも!?知っていたフェルメールの『牛乳を注ぐ女』を

載せたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください