箱根ドールハウス美術館(神奈川県箱根町・2020年7月訪問)

 

日本にあるドールハウス美術館として、有名な箱根ドールハウス美術館。

本来はもっと早い時点で訪問したかったのですが、海外のミニチュア巡りに

忙しく、訪問したのは2020年7月になりました。

それも、もともとは5月に訪問する予定で、宿泊先の予約を取っていましたが、

外出自粛宣言が出たため、予約を延期。

仕事で、GO TO TRAVELキャンペーンに関するコメントを求められる機会が

増えていたので、「GO TO TRAVELキャンペーンがスタートしたら、きっと

箱根は混むだろうな」と思い、キャンペーン前に訪問することにしました。

私が訪問した時期は、外出自粛宣言が明けて、GO TO TRAVELキャンペーンが

始まる前の谷間?に当たる時期だったので、美術館内が空いていて、写真が

撮りやすくて助かりました。

写真をせっせと撮ったこともあり、掲載する写真の数が多いので、できる限り

(覚えている限りです)順路に沿って掲載しています。

ドールハウスの歴史がわかる展示もあり、その展示を読んでいると「そういう

経緯があったんだ」などと、とても勉強になります。

中には、ドールハウス作家の女性が、自分の家をドールハウスに仕立てた作品も

展示されていました。

小物だけを展示している場所もあり、小物の箱の中に、小物が入っているのは

お見事!というほかありません( ´艸`)

途中に(順路の中間くらいでしょうか)ドーム状の展示施設(温室のような場所)

があり、そこにはミニ鉄道が走っていました。

「動画撮影はNG」と言われたので、訪問される方はお気を付けください。

順路の終わりのほうに、寅さん映画のセット模型が展示されていました。

数週間前、寅さん記念館を訪問した時に目にした模型とは、縮尺が異なるので

イメージもちょっと違いますが、ドールハウスの美術館で寅さんのセット模型と

出会ったのは、少し意外でしたね。

写真を熱心に撮っていたせいか、「あのおばさんはなかなか出てこないけど

何をしているんだろう?」と怪しまれたのか、スタッフの人が私の近くを

掃除をしながら、付いてきました?

監視されていた感じです(;^_^A

いったんiPadですべての写真を撮ったのち、また順路の始めに戻って、デジカメで

写真を撮り始めたので、スタッフの人から見たら、怪しいおばさんに思えたの

でしょう・・・(´;ω;`)

単なる観光者にしては、熱心すぎましたかね(;^_^A

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください