袖珍博物館(台湾・台北・2014年5月ほか3回訪問)

袖珍博物館は、台北市内にあるドールハウスの博物館です。

宿泊していたホテルで、「たまたま」パンフレットを見つけ、

歩いて行ける距離だったので、「ちょっと覗いてみようかなあ」

という気軽な感じで、散歩がてらに訪問しました。

ところが、訪問してみてビックリ!

なんとも素敵で、しかも!ものすごい点数のドールハウスが並んで

いたからです。

編集者の知人に聞いたところ、台湾のドールハウスの精巧さは、

世界でも指折りとのこと。

ドールハウスの中に、ドールハウスが作られているものもあり、

その小ささにも驚きました。

このページの画像の、一番最初の写真が、それ!です。

「小ささ」が分かりやすいように、3枚の写真を並べてみました。

初めて訪問した時には、展示数の多さなどに圧倒されてしまい、

ひとつひとつの作品はあまり記憶に残っていなかったので、初めて

訪問してからも2回再訪。

今後も台北に行く際は、必ず訪問したいと思っている博物館です。

私がミニチュアワールドに興味を持ったのは、オランダのマドローダムが

きっかけになっていますが、世界各国を回るようになったきっかけは、

この袖珍博物館のように感じています。

袖珍博物館は、台北駅からタクシーでも10分程度という、とてもアクセスが

よく、訪問しやすい博物館ですので、多くの方に袖珍博物館を訪れていただき、

ドールハウスの素晴らしさを感じて欲しいと思っています。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください