世界の窓(中国・深圳・2017年9月訪問)

香港から陸路で深圳に行き、香港との国境駅から地下鉄で、

「世界の窓」へ。

個人的にミニチュアパークは、「25分の1の大きさで作って欲しい」

と 願って おりますが(笑)・・・

世界の窓は、建物の縮尺がバラバラ。

写真には撮らなかったものの、日本の茶室のような建物もあり、

そちらはなぜか 「原寸大」になっておりました(;^ω^)

「なぜに、原寸大??」と、 思わずひとりで突っ込みを入れて

しまいましたね。

縮尺がバラバラなことをご理解いただくために、ときどき人が

映り込んだ 写真を載せています。

ミニチュアなはずなのに、人間がそのまま入れる建物もありますよね!?

なぜ?なんでしょう。

世界の窓は建物の縮尺がバラバラ過ぎて、ミニチュアパークの世界観に

入り込むことはできず、しかも、園内がとにかく広い!広すぎる!

ミニチュア専用の公園ではないため、広いのは市民の憩いの場として

良いことだと思いますが、ミニチュアパークを見たい私にとっては、

建物をもれなく?撮ったのか、確認しながら歩いていても、ときどき

抜けている 建物が出てしまう。。。

そのくらい敷地が広大なミニチュアパークでした。

広すぎることもあり、管理が行き届いているのかは疑問な点が

ありましたが、 それよりも!

世界遺産の建物に子どもを座らせて写真を撮っているママたちが

たくさん(´;ω;`)

子どもたちが、 世界遺産の屋根を壊しそうだし、柱につかまっている子も

いて、見ている方が、ハラハラドキドキ(-_-;)

ママたちだけではなく、カップルが 世界遺産のお城に座って、自撮りを

している姿もたくさん目にしました。

「おーい、それは世界遺産の大切な建物(お城)だよー!」と言いたくても、

ここは中国。

いろいろな意味で、ぐったりした訪問でした。

話は変わって、帰り道。 深圳側のデパートのようなところで、中国料理を

食べましたが、香港で食べる よりもかなり安く、 アワビなどを堪能できました。

それと、なぜか湯葉料理の種類がとても多くて、しかも安価!

深圳に陸路で行かれる場合は、香港に戻る前に中華料理を食べてみては

いかがでしょうか。

ミニチュアパークと関係ない情報で、失礼しました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください