一万三千尺物語(あいの風とやま鉄道・富山駅☞泊駅での折り返し・2019年11月乗車)

ミニチュア巡りに忙しく、少しご無沙汰してしまった観光列車でしたが、

2019年11月には「一万三千尺物語」「アルプスエクスプレス」「海里」と

3本の観光列車に乗車しました。

一万三千尺は長さに直すと、約4000メートル。

標高3000メートル級の山々が連なる立山連峰と、約1000メートルもの

深さのある富山湾との「高低差」を意味しているのだそうです。

一万三千尺物語では、富山駅から泊駅まで行き、泊駅で折り返す

「富山湾鮨コース」に乗車。

列車内で職人さんが握ってくれるお寿司をいただきながら、のんびりと

里山の景色を眺められました。

山々に囲まれたところは水が美味しい=水が美味しいところは、地酒が

美味しいということで、同行した主人は、写真のように日本酒を4本も

飲み干しました。

まだ飲みたそうにしていましたが、このあと、アルプスエクスプレスに乗車

するのに、泥酔されちゃ困るということで、5本目はNG。

それにしても、2時間ちょっとの観光列車で、主人ほど飲む人には、まだ

会ったことがないというか・・・会う必要もないですし、そもそも、

観光列車は居酒屋じゃないといいますか・・・(´;ω;`)

アルコールがすすむというのは、食事が美味しい証拠だと思いますし、実際に

握りたてのお寿司は、ネタの新鮮さも相まって、とてもおいしゅうございました。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください