四国まんなか千年ものがたり(JR四国・善通寺駅☞大歩危駅、2017年7月乗車)

「伊予灘ものがたり」に乗車したとき、「四国まんなか千年ものがたり」が

もうすぐ運行を開始することを知りました。

車両のデザインなどを見ていたら、なるべく早く乗りたくなりましたが、

ツアーを調べると、2泊3日のものばかり。

いくら観光列車に乗りたいと思っても、そのためだけに2泊するのは

もったいないなあと思っていた時、愛媛バスの日帰りツアーを発見!

問い合わせをしてみたら、私たちでもなんとか参加できそうでしたので、

愛媛バスのツアーに混ぜてもらい、四国まんなか千年ものがたりに乗車

しました。

愛媛バスの日帰りツアーを利用しますと、四国まんなか千年ものがたりに

乗車した夜、サンライズ瀬戸で帰京することができます。

このパターンなら東京駅に朝7時過ぎに到着しますので、主人はそのまま

会社に行けて、効率的だとも思いました。

愛媛バスの方は、東京からの申し込みだったので少し驚かれたようですが、

乗車場所などの地図を丁寧に送ってくださったり、とても親切で、

対応がよかったので、別の機会にも愛媛バスのツアーに参加したく

なりました。

話を、四国まんなか千年ものがたりに戻しますと・・・ 車内は木材を

ふんだんに使っていて、とても落ち着いた空間になっています。

食事の方はと言いますと、まずお弁当とスープが出てきます。

このお弁当だけでお腹が満たされたのですが、その後にハンバーグが

出てきました。

ハンバーグまで食べられなかったので、主人に2つ食べてもらったら、

「なんでも、俺によこすな」と怒られました。

大歩危駅で観光列車を降りた後は、大歩危峡の遊覧船で川下り。

ところが、この頃から雨が降ってきて、豪雨のような感じになってしまい ました。

川がかなり増水したので、川下りは一時中断となり・・・

遊覧船に乗れなく なるかと思いましたが、少し待機していたら雨も弱まってくれて・・・。

何とか遊覧船に乗船することができて、ホッっという感じ。

川下りも、してみたかったんですよね。大歩危峡で。

川下りの後には、有名な「かずら橋」も渡りましたが、想像していた より、

橋が揺れる揺れる(-_-;)

スリリングな体験をしたあとは、乗車した場所まで無事にツアーバスで

たどり着きました。

この日帰りバスツアー、四国以外の方にもおすすめです!

愛媛バスのツアーに参加していた方から、「観光列車でおすすめは?」と

聞かれましたので、「まずは、伊予灘ものがたりに乗られると いいですよー」と

おすすめしておきました。

同じ四国の観光列車ですからね。

 

 

>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください