私の旅行日記・雑感コラム(40)「2023年のGWはイギリスのミニチュア巡りをしてきました」

 

2023年のGWは、4年ぶりにイギリスに行ってきました。

4年前に訪問できなかったミニチュアパークや鉄道ジオラマの展示施設などを、

現時点で把握している場所はすべて訪問してきたつもりです( ´艸`)

レンタカーを借りたのは9日間だったのですが、走行距離はなんと3089キロ!!

にもなりました。

4年前には休館中で見ることができなかったウインザー城内にある「メアリー女王の

ドールハウス」を、今回はバッチリ見学できました。

メアリー女王のドールハウスは、写真撮影が禁止なので、記事としてご紹介する

ことはできないのですが(HPの動画を載せておきます)、1920年代当時、最高と

称えられていた建築家の手によって製作され、1924年から展示されている作品です。

水道などもきちんと通っているほど(実際に水は出せないようにしてありますが)、

他のドールハウスとは一線を画すほどの仕上がりになっていました。

前回のウインザー城訪問の目的も、メアリー女王のドールハウスを見たかったから

ですが、ドールハウスが展示されている場所の前で、休館中というお知らせをボーっと

眺めていたことを思い出しました。

そのような苦い経験もあって、今回はイギリス在住の方に、メアリー女王の

ドールハウスが見られる日を確認してもらってから渡航するくらい、慎重に

訪問日を選びました。

訪問日を調べているときは気づかなかったのですが、私が訪問した翌日が

チャールズ国王とカミラ王妃の戴冠式だったために、ウインザー城は休館

とのこと。

前回と同じ目には遭いたくなかったので、今回はウインザー城訪問の日程の

決め方が難しかったですね。

ちなみに、

チャールズ国王とカミラ王妃の戴冠式にちなんで、アイキャッチ画像は

ババクームモデルビレッジで見かけた馬車列の様子を載せてみました。

ドールハウスからは少し話題を変えますが、ウインザー城内にあるジョージ6世の

礼拝堂には、昨年ご逝去されたエリザベス女王とフィリップ殿下が並んで眠られて

おりました。

私などがおこがましいですが、ご冥福をお祈りしてまいりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 + 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください