ぎふ可児大河ドラマ館(岐阜県可児市・2020年11月訪問)

 

「麒麟がくる」で盛り上がっている岐阜県には、大河ドラマ館がいくつかあります。

その中で、可児市にある大河ドラマ館には、ドラマのセットを模型にした展示がある

ことを知り、訪問してみました。

訪問するときにドキドキするのは、模型の写真を撮れるか、否か。

今回、ドラマセットの模型には、撮影OKという案内があってまずはホッとしました。

訪問しても、写真撮影NGのところが少なくないですからね💦

ドラマセットのほかに、衣装は撮影OKでしたので、衣装の写真もご紹介します。

私は「麒麟がくる」を見ていないので(すみません)、ドラマの世界観に浸ることは

できませんでしたが、ドラマを見ている方なら、この空間にいるだけでその世界観を

堪能できるのではないかと感じました。

ドラマセットが置いてあるスペースを出て、2階に上がってみたら、「美濃金山城」

と書かれたお城の模型を見つけました。

お城の模型の中には、お城で働く人たちや侍たちもたくさんいて、当時の暮らしぶりを

想像できました。

期間限定のドラマ館なので、開館中に訪問できてよかったな。

「麒麟がくる」をご覧になっていて、大河ドラマ館に興味のある方は、なるべく早く

訪問されることをおすすめします。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください