余部橋梁のジオラマ(兵庫県美方郡・2021年7月)

 

餘部橋梁は、山陰本線の鎧駅と 餘部駅の間にある橋梁で、41.5メートルの高さを誇ります。

クリスタルタワーと名付けられた棟をエレベーターで昇って行くと、「餘部駅」が実際の駅として

稼働していることがわかりました。

時刻表を確認したら、10数分後に電車が到着することが分かったので、ホームで待って、電車も

写メしてみました。

そんな餘部橋梁のジオラマが、隣接する道の駅に置いてあります。

餘部橋梁全体をジオラマに仕立てていて、中央には山陽本線の電車が走っていました。

以前の橋梁が、赤い鉄骨造りだったことを偲ばせるジオラマでした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

9 + 20 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください