内陸線資料館(秋田県北秋田市・2021年8月訪問)

 

「内陸線資料館」があるのは、秋田内陸縦貫鉄道の本社がある阿仁合駅の隣です。

秋田内陸線や森林鉄道、鉱山鉄道などの歴史について、振り返ることができる資料館になっています。

館内には、「阿仁合駅の一日」と題された鉄道ジオラマが中心に置かれています。

運輸科のある岩倉高校(東京)の学生さんたちが作った作品のようです。

鉄道ジオラマだけかと思っていたら、「内陸線紅葉の山峡」と題された紅色が鮮やかなジオラマも

置かれていました。

最後のほうに載せた写真は、実際の阿仁合駅と阿仁合駅に停まっていた電車やホームです。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten − two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください