天北線資料室(JR音威子府駅内・2021年5月訪問)

JR音威子府駅の中に設置されている天北(てんぽく)線資料室。

音威子府は、北海道で一番小さな村だそうです。

写真の音威子府交通ターミナルは駅に隣接した建物で、その中に

天北線資料室があります。

資料室には、かつて音威子府~浜頓別~南稚内間を結んでいた

「天北線」やJR宗谷本線に関する写真や鉄道関係の品々が展示

されています。

鉄道関係のさまざま資料に囲まれた資料室の中央部分に

鉄道ジオラマが設置されています。

ジオラマの中には転車台や車庫があったり、SLが走っていたりと、

サイズはそれほど大きくないものの、車両がたくさん置かれている

のも、ジオラマ好きには堪らない感じでした。

旅行中に鉄道ジオラマの展示をしていることを偶然知り、稚内方面に

向かう道中に寄れそうだったので、立ち寄ってみました。

5月なのに雪が舞っていて、北海道はまだ冬の気温でした(さむっ)。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください