東京大学総合研究博物館小石川分館(東京都文京区・2020年10月訪問)

 

東京大学に関連する建物としては最古のもので、重要文化財にも指定されている

東京大学総合研究博物館小石川分館。

建築模型がたくさん展示されているとのことで、訪問してみました。

ここは「博物館」という名前がついていますが、入場料はありません。

建物が重要文化財とのことなので、今回は建物の写真を最初に載せてみました。

小石川植物園に隣接しているので、見学後には植物園をゆっくり散策したい

感じの場所でしたね(私は仕事の合間に行ったので、散策する時間がなくて

残念でした(´;ω;`))

できれば天気の良い日に、時間に余裕をもって訪問されることをお勧めします。

さて、館内にはウワサ通り、建築模型がたくさん並べられていました。

同じ建物の写真が2枚、あるいは3枚続いているのは、建物の名前を写メした写真と

連続して載せたかったからです。

カサ・ミラのように、私でも知っている建物もありましたが、個人建築の家などは

名前がわからなければ、「これは何???」という話になってしまいますよね。

屋根の上が遊び場になっている有名な幼稚園の模型もありました。

ミニチュア好きの方は、建築模型も好きな方が多いのではないかと思います。

あまり知られていないのか(失礼ですかね)、空いていて、ゆっくりと見学が

できますので、建築模型に興味がある方は、ぜひ、足を運んではいかがでしょうか。

訪問した日は特別展として、古代アンデスのツボ型の土器の展示をしていました。

少しですが、特別展の写真もご紹介します。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 16 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください