武甲山資料館(埼玉県秩父市・2021年12月訪問)

 

【訪問してから2年以上が経過したのちにアップしておりますので、訪問時の印象が薄れていることをご容赦ください。

 また写真の掲載ミスがありましたら、ご指摘いただけますと助かります。情けない話で申し訳ありません。】

 

武甲山資料館のHPによりますと、「崇神天皇の御代、知知夫国の祖神であった、知知夫彦命の霊を、

この武甲山に奉祀して以来、今日まで、神奈備山(神様のこもる山)として山麓の人々に崇められて

参りました」と書かれています。

武甲山は、知知夫国の祖神であった、知知夫彦命が祭られている山ということになります。

同時に武甲山は、地質的、動植物的に貴重なものがたくさん発見された場所でもあるそうです。

武甲山資料館に足を踏み入れると、秩父山地のおいたちを説明したパネル展示や武甲山周辺に住む

動物のはく製などのほか、「武甲山の地質と地形」が立体的な模型で再現されていました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください