海と島の歴史資料館大望月邸(しまなみ海道・大崎上島・2021年2月訪問)

 

江戸時代末期から明治にかけて、海運や造船、塩田などの事業で成功した

豪商の方が建てたのが「大望月邸」。

その大望月邸を修復・再現して、当時の面影を残したまま、歴史資料館と

しているのが「海と島の歴史資料館大望月邸」です。

邸内には、廻船業で栄えた島の歴史がわかる資料や地形ジオラマ、

船の模型、望月邸の模型なども展示されていました。

実は望月邸の模型が見たくて訪問したのですが、写真を撮ったあとに

主人から「模型は撮影禁止のようだよ」と言われました。

撮影禁止になっているのに気づかず、写メをしてしまったわけですが、

望月邸の全体像が分かる素敵な模型なので、数点だけ、掲載させていただきます。

関係者の方がこのブログをご覧になられる機会があって、模型の写真掲載は

NGという注意を受けましたら、削除いたします(勝手なことをして

申し訳ありません)。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください