稚内市北方記念館・開基百年記念塔(北海道稚内市・2021年5月訪問)

 

稚内市内にある稚内市北方記念館・開基百年記念塔。

2枚目の写真の記念塔は、稚内公園の丘陵の上、海抜で170メートルもの

高さに建っているため、塔の玄関周りからでも稚内市内を一望できます。

さらに記念塔は、地上80メートルの高さがあるそうです。

展望台までは、無料エレベーターで昇れますので、訪問する際は、

ぜひ展望台まで昇って、稚内市内はもちろん、周辺の島々の様子を

ご覧いただければと思います。

さて、北方記念館には、昔の(いつのかは、説明書を写メし忘れて

わかりません(;^_^A)港周辺の地形ジオラマのほか、明治29年当時の

稚内の様子を模型に仕立てた展示、樺太の鉄道模型などもありました。

明治29年当時の模型では、稚内小学校、宗谷警察署、宗谷郡役所、

稚内区裁判所の官庁街が模型に仕立てられています。

ちなみに、このブログには模型しか掲載していませんが、昔の通貨や

債券類といった金銭関係の展示や、古い調理器具、そしてなぜか

レコード類も展示されていました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください