象潟郷土資料館(秋田県にかほ市・2021年8月訪問)

 

秋田県にかほ市にある象潟郷土資料館。

写真の模型は、1804年の地震に伴う土地の隆起によって消え去ってしまった

象潟を復元したものだそうです。

象潟は南北に約2キロ、島勢に約1キロの大きさとのこと。

深さは、深いところでも2メートル以内とのことです。

もっと近づいて写真を撮りたかったのですが、象潟郷土資料館に入館したとき、

「東京から来た」ことを正直に入館書類に書いたところ、責任者と思われる方が

飛んできて、「申し訳ないのですが、東京の方にはご入館いただけません。

入館料をお返ししますので、おかえりください」と言われてしまいました。

秋田県にはコロナウイルスの感染者が少ない時期だったので、そもそも入館した

私が悪いのですが、館内には他の入館者がいなかったので・・・

「2~3分で出ていきますので、数枚だけ、この模型の写真を撮らせていただけ

ないでしょうか」と無理やりお願いして、撮らせてもらった次第です。

写真を撮っているあいだも、責任者と係の方がずっと私を監視していたので、

数枚の写真を撮るのが限界でした。

入館した人に出ていくように言うほうも、嫌な気分だったと思います。

無理に写真を撮らせていただいて、申し訳ありませんでした。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください