青函連絡船記念館 摩周丸「船の模型」(北海道函館市・2021年4月訪問)

 

まだ北海道新幹線が走っていなかったとき、本州側、あるいは北海道側から

多くの乗客や貨物を運んだ青函連絡船。

青函連絡船のうち、「摩周丸」が函館港に係留され、記念館として

当時の様子を伝えてくれています。

青函連絡船は、昭和40年から昭和63年までの23年間、函館と青森を

結ぶ航路として就航していました。

当時は3時間50分かかっていたそうです。

函館市のHPによると、摩周丸は八甲田丸・大雪丸・羊蹄丸・十和田丸・

空知丸・檜山丸・石狩丸とともに、青函連絡船の最後になる航海を飾った

一艘とのこと。

船内には、船長が指揮を執った操舵室・無線室を現役そのままに再現した

「操舵室・無線室」や青函連絡船の就航時に使用された物資なども展示

されています。

青函連絡船の模型もたくさん展示されていますので、青函連絡船に乗船

した経験のある方はもちろん、船の模型がお好きな方にはたまらない

空間だと思います( ´艸`)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください