名護屋城博物館(佐賀県唐津市・2020年12月訪問)

 

名護屋城は、豊臣秀吉が挑戦に出兵する際の拠点として築かれた城だそうです。

文禄元年の開戦から、秀吉が亡くなって、諸大名が撤退するまでの7年間、

大陸侵攻の拠点となったとHPに書かれています。

そんな名護屋城博物館には、写真のような大型のジオラマが展示されています。

名護屋城とその城下町を復元した模型です。

最後のほうに掲載している船の写真は「安宅船・亀甲船(あたけぶね・きっこうせん)」

というそうで、日韓両国の軍船を10分の1のサイズで展示しています。

これらの常設展示は、無料で鑑賞できます。

車でないと、ちょっと行きづらい場所かもしれませんが、お城とその周辺の

ジオラマがお好きな方は、ぜひ、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください