小さな鉄道博物館十勝晴駅(訪問日などは記載できず)

 

【これは駅長さんの許可を得ずにしている投稿です。訪問した日なども記載できません。

 掲載許可のご連絡をいただけるとのことで、そのご連絡をずっと待っておりましたが、

 連絡がないまま、こちらからは連絡が取れなくなってしまいました。

 実は訪問した時も、駅長さんは闘病中だったので、もしかしたら・・・・という悪い

 予感もしておりますが、確認することはできません。

 許可をいただけていないので、掲載すべきか、否かを何年も悩んでおりましたが、

 とても素晴らしい作品なので、このたび、掲載をさせていただこうと思いました。

 鉄道ジオラマでも、ここまで手の込んだ作品は珍しいと感じており、鉄道ジオラマが

 お好きな方なら、絶対に気に入っていただける作品たちだと思うからです。

 もしご関係者の方がご覧になって、「掲載はやめて欲しい」と言われましたら、

 投稿は削除いたしますので、ご連絡をお願いします。

 また現在は閉館されているようなので、直接行かれたり、連絡を取ろうとするのも

 やめていただければ幸いです。そのため、外観などがわかる写真は掲載を控えて

 おります】

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

twelve − eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください