道の駅よって!西土佐「予土線鉄道大ジオラマ」(高知県四万十市・2021年2月訪問)

 

道の駅「よって!西土佐」の2階に設置されているのが、《予土線鉄道大ジオラマ》です。

予土線は、土佐くろしお鉄道中村線と分岐する川奥信号場から、JR予讃線と合流する

北宇和島駅までの区間がJR予土線です(HPの情報によると)。

李業距離は76.3キロメートル、駅数は高知県側が9駅、愛媛県側が11駅の、合計20駅

とのこと。

高知県側のほとんどは、清流四万十川を眺められるようになっているそうで、風光明媚な

景色を眺めながら乗車できるようです。

そんな予土線が走るエリアをジオラマに仕立てたのが《予土線鉄道大ジオラマ》になります。

新型コロナウイルスの影響で、車両の運行はしていませんでしたが、予土線沿線の様子が

しっかりと再現されていました。

鉄道ジオラマのほかに、店舗のミニチュア模型も飾られていました。

店舗には「よって!西土佐」と書かれていたので、通常であれば、道の駅に出店している

のかもしれませんが、訪問したときは、食堂もクローズしている状態だったので、その

当たりの情報は未確認のままです。

でも、ドールハウス好きの私にとって、店舗のミニチュア模型が見れたのは、嬉しい

発見になりました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください