MOMA・ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク・2021年8月訪問)

 

【見学してから2年以上が経過したのちにアップしておりますので、見学時の印象が薄れていることをご容赦ください

 また写真の掲載ミスがありましたら、ご指摘いただけますと助かります。情けない話で申し訳ありません。】

 

コロナ禍なのに、ニューヨークに行こうと思ったのは、ANAのマイルでファーストクラスの

予約が取れていたことと、ミニチュア展示施設である「ガリバーゲート」の見学がしたかったこと、

そして、次男が卒論で「モンドリアン」を取り上げることにしたためです。

ガリバーゲートを見たくて、徒歩で行けるタイムズスクエアから徒歩3分くらいの場所のホテルを

予約したのですが、ガリバーゲートは残念ながら、コロナで休館中(今は移転先で営業をしている

ようです)となっていました。

MOMAと呼ばれるニューヨーク近代美術館では、息子の希望通り、モンドリアンの絵画を

いくつか鑑賞することができました。

モンドリアンは、三井のリハウスのコマーシャルを思い出していただくと、「あっ、あの

絵か!」と気づいていただけるかもしれません。

絵画オンチの私も、「三井のリハウスで出てくる絵だよと言われて、「あ~あ、あの絵か」

と理解した感じでした(;^_^A

MOMAの収蔵数はさすがというか、モンドリアンのことしか頭になかった私にとって、

モネやルソー、ムンク、ゴッホなどの名画が数多く展示されていて、その多さに

驚きました。

MOMAの収蔵品として、アンディ・ウォーホルの「キャンベルスープ」(アイキャッチの画像)

は有名ですよね。

私ですら、そのことを知っていましたので。

とはいえ・・・

繰り返しになりますが、私はものすご〜い絵画オンチなので、世界中の美術館で名画を

たくさん鑑賞しているのに、絵についての解説がまったくできません。すみません。

素敵な作品をたくさん鑑賞してきましたので、ブログでもご紹介したいと思います。

またMOMAには、建築模型もたくさん展示されていました。

このブログの目的である模型についても、絵画のあいだに写真をはさんでご紹介します。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください