midwest miniatures museum(アメリカ・ミシガン州・2022年9月訪問)

 

2年前の訪問分もアップできていない状態ではありますが、昨秋に訪問した

ミシガン州の「Midwest Miniatures Museum」の投稿をしたいと思います。

滞在していたシカゴ市内から、送迎を含むアテンドをしてもらって、ミシガン州へ。

片道2時間半から3時間くらいといったところでしたでしょうか。。。

公共の交通機関で行くのは、ほぼ無理という場所に「Midwest Miniatures Museum」

はありました(;^_^A

アメリカにはいくつも、個人や民間法人が開設しているミニチュアミュージアムが

あるのですが、場所が点在しているために、1日に1か所、訪問するのがやっとという

感じです。

そうした個人経営のミニチュアミュージアムの中から、今回は「Midwest Miniatures

Museum」を選んでみました。

「Midwest Miniatures Museum」は、「売却されるかも?」という記事がネット上に

出ていたらしく(アテンドしてくださった方からの情報です)、次回、シカゴに行く

機会があっても、そのときにはなくなっているかもしれないということで、今回の

訪問先に選んだ次第です。

FBのほうには、動画もアップしていますので、興味を持っていただけた方は

FBもぜひ覗いてみてください。

FBの動画を見ていただくと、室内の様子やドールハウスの配置をなんとなくわかっていただける

かと思いますが、こじんまりとした建物の中に、ドールハウスがセンス良く配置されていました。

ただ、ドールハウスのテーマはさまざまなようで、クラシカルなドールハウスがあるいっぽうで、

実際にあるようなショップをドールハウスに仕立てたタイプもありました。

またドールハウスとしての展示だけではなく、ドールハウス関連の小物が独立して飾られていたり、

ドールハウスに使う小物の「サイズの小ささ」がわかるような展示(写真、撮り忘れました)も

されていました。

それとなぜか?

ゴッホの部屋やひまわりの絵画なども、ミニチュア化されていました。

ゴッホの「アルルの寝室」のドールハウスは、世界中でここだけの展示なのではないでしょうか。

もちろん未確認ではありますが、ゴッホのミニチュアは一番意外な展示でした。

「Midwest Miniatures Museum」に行くためには、かなりの距離を移動したために、訪問に相当な

費用がかかってしまいましたが、それでも足を運んでよかったと思えるミュージアムでした。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

six + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください