36ぷらす3(JR九州・博多駅☞長崎駅・2020年12月乗車)

 

2020年10月に運行を開始した《36ぷらす3》。

5日間で九州を1周するコースになっています。

といっても、5日間連続して乗車できるわけではなく、毎日運行区間が

変わるので、一周したい場合は5日間、別々のチケットを購入することに

なります。

コロナの影響で、運行開始時期は遅れたようですが、待望の新観光列車と

いうこともあって、予約はかなり好調のようです。

個室がある観光列車は、個室が取れるまで乗車しないと決めているため、

10月や11月は乗車をあきらめて、12月初旬に乗車しました。

私が乗車したのは、博多駅から長崎駅までの区間の月曜日コースです。

個室は人数によって号車が決められていて、2人乗車だと3号車になります。

3枚目の写真が、私が利用した座席です。

水戸岡鋭治氏がデザインしたということもあって、《或る列車》とかなり似て

いるなあと思いつつ、着席。

車両も座席もデザインが素敵だったのですが、少し残念だったのは、窓が

少ししか空かず、景色があまり見えないこと。

他の席の人も、同じように感じているのではないかと思いましたが、

尋ねるわけにもいかず・・・

乗車時間が4時間を超える観光列車なので、車窓の景色を全画面!で楽しみ

たかったなあと、思いました。

さて、次は食事の件。

食事は写真のように、2つのお重に詰められたものが、運ばれてきます。

サービスで付いているウエルカムドリンクを頼んだら、食事がスタート。

九州に店舗のある有名店のお料理がいただけます。

九州産の食材にこだわっているのは、他の観光列車と同じですね。

隣の2号車では、写真のようにたくさんの種類のアルコール類、ソフト

ドリンクが販売されています。

オムライスも販売されていて、購入した後、そのまま車内で食べられる

ようです(温めてくれるのだと思います)。

途中、備前浜驛でマルシェが開催されていました。

我が家ののん兵衛ダンナは、日本酒をたっぷりご購入。

「食事の時もかなり飲んでいたのに、まだ飲むんかい💦」という嫌みな

視線を送っても、まったく気にすることもなく・・・大好きなアルコールが

手元に増えてご満悦( ´艸`)という感じでした。

ちなみに、九州は「世界で36番目に大きな島」とのこと。

「ぷらす3」は、乗客、地元住民、JR九州を指しています。

36+3=39になるので、サンキューの意味も込めてネーミングされている

そうです。

 

この2人席に座りました。窓が全開したら、もっと満足感が高まった気がします(;^_^A

ちなみに、ここは車いす席だそうです。スーツケースを保管してもらっていた隣のスペースが、他の座席と仕様が異なるので、聞いてみました。下車する前に写真を撮らせてもらいました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください