私の旅行日記・雑感コラム(14)「閉館・休館・撤去」

 

ここ数年の海外旅行は、ほぼミニチュア巡りの旅をしています。

新しいミニチュアに出会うために「どこに、どのようなものがあるのか」を、

日々、探していますが、訪問したときには休館中だったり、すでに撤去されて

いたりと、今年(2019年)は残念なことが続いています。

たとえば・・・

2019年のGWに行ったウインザー城内にある「メアリー女王のドールハウス」は、

休館中で見られませんでした。

メアリー女王のドールハウスについては、もともと写真撮影がNGなので、サイト上では

公式の動画しか見ることができず、訪問できても写真としての記録には残せません。

だとしても、公式サイト以外の様子を「自分の目で見たかったなあ」と、今でも残念に

思っています。

夏休みに訪れたリヒテンシュタイン公国では、ファドーツ城の模型が撤去されており、

タイ・バンコクでは楽しみにしていたスタンレーミニベンチャーがオープンから2年も

もたずに閉館していました。

バンコクでは、鉄道ジオラマがあるタイ料理店のわざわざ?目の前にあるホテルに泊まり、

満を持して訪問したのに閉店していましたし(これは、訪問前にネット情報で知りましたが)、

パタヤまで足を延ばしたのに、お目当てのジオラマが撤去されていました。

こうした現地情報を早く手に入れるのは困難なので、今後もこのような閉館、休館、

撤去に出会ってしまうこともあると思っています。

そろそろミニチュア巡りの旅も、ペースを落としていかなかいと、老後資金が大変!に

なりそうですので、「いい加減にしたら?」と諭されているのかもしれませんね。

追記)今回掲載した写真の中には、サイト上から写メしたものが数点含まれています。

   無断でお借りしていますので、問題がありましたら、恐縮ですが、ご連絡ください。

   すぐに消去いたします。

 

スタンレーミニベンチャーのHPは、今でも残っています。
HPがオープンする間もなく、閉館してしまいました。

エカマイのショッピングモールには、スタンレーミニベンチャーの場所を示す

名前がまだ残されていました。

 

リヒテンシュタイン公国にあったファドーツ城の模型。

1回目に訪れた時には、ミニチュアのブログを作ることを意識していなかったので、

素通り・・・・

2回目はこの写真を撮りに行きましたが、3年前に撤去されていました。

鉄道模型を見ながら食事ができるバンコクのタイ料理店「ロッサビアン」。

航空券を購入した時点では、営業していたのですが、訪問した時点ではすでに

再開発とのことで、閉店していました(あー、残念)。

ロッサビアンに行くために、目の前のホテルに泊まったので、店舗の状況を見に行きました。

すると、店内はきれいに片付けられており、看板だけが残されていました。

写真はタイのパタヤにある「バーン・スカワディ」という場所です。

基本は、鶏王と呼ばれている方の住まいですが、観光客にも開放していたら、どんどん

観光客が増えたことから、今は料金を取って一般公開をしています。

そのバーンスカワディの中に、鶏舎をジオラマにした場所があることを知り、

訪れてみました。

すると、ジオラマは撤去されたあとで、新しい展示をするためなのか、

ジオラマが展示されていたであろうフロアは工事の真っ最中でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください