哈瑪星台湾鉄道館(台湾・高雄市・2018年11月訪問)

2016年7月、高雄にオープンした「哈瑪星台湾鉄道館」。

「哈瑪星」という名称は、日本統治時代の「濱線」という

俗称を、中国語にしたものだとウィキペディアに書かれています。

まだオープンから2年くらいということで、日本語の情報が

ほとんど見つからなかったので、自分の目で確かめるために

直接足を運んでみました!

鉄道館というネーミングですが、館内に実物の展示は

ありません。

ですが、もともと駅だったと思われる場所に隣接した倉庫街に

建てられており、周囲には線路の跡が10本以上、残されていました。

古い車両も何両か、線路に置かれています。

建物の周囲を走る、5インチのミニSLに乗ることもできます。

さて、建物の中心にはHOゲージを中心とする巨大な鉄道ジオラマが

鎮座?しています。

鉄道駅周辺や転車台などは、他の鉄道ジオラマでもよく見かけますが、

哈瑪星台湾鉄道館の特徴は、台湾の各都市をジオラマに仕立てて

いること。

「台北」「台中」「高雄」・・・など、都市ごと分かれて展示されて

いるので、ここに来れば台湾の主な都市をまとめて観光できます。

お祭りの様子などもジオラマの中に作り込まれていますし、よ~く

見ると(じっくり探さないとわかりませんよ)ジオラマの中で動いて

いる人形もいます。

哈瑪星台湾鉄道館を訪れることがありましたら、じ~っくりと

人形たちを観察してみてくださいね。

写真の最後に、世界で2番目?に美しい地下鉄駅といわれる

美麗島駅のジオラマと、「本物の美麗島駅」の写真を

載せています。

こちらは実物のほうが、迫力もあってきれいですかね(;^_^A



2 thoughts on “哈瑪星台湾鉄道館(台湾・高雄市・2018年11月訪問)”

  • 昭和天皇が皇太子の際に台湾の高雄までいらして、鉄道による台湾行幸で、旧高雄駅で(現在の哈瑪星台湾鉄道博物館)御姿を残されましたね。高雄のことをご紹介ありがとうございました。

    • 文華さん 
      コメントを頂戴しまして、ありがとうございました。
      自分のブログなのに、本日までコメントに気づかず、お返事がおそくなりましたことを、お詫びいたします。
      昭和天皇は高雄駅にいらしたことがあるんですね。
      台南駅に行った際、昔の日本の国鉄駅の面影を感じましたが、旧高雄駅も情緒ある駅だったのだと、想像します。
      ところで、
      哈瑪星台湾鉄道博物館のジオラマは、日本各地にある鉄道博物館のジオラマよりも規模が大きいので、ぜひ、たくさんの方に知っていただいて、訪問してほしいなあと、感じています。
      来年はまた、台北に行く予定ですが、いつかまた、文華さんに会うために、高雄にも足を延ばしますね。
      台湾新幹線なら、簡単に高雄に行けますものね。
      それではまた、いつかお会いできることを願いまして。。。    
                                         畠中雅子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 10 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください