『日本のたてもの』展(東京国立博物館にて・2021年1月)

 

日本の伝統的な建築物を、10分の1などの縮尺模型で再現したのが『日本のたてもの』展。

「畠中さんは模型もお好きですよね?」という手紙が入ったチケットを、某新聞社の方から

いただいたので、『日本のたてもの』展に足を運んでみました。

『日本のたてもの』展では、建物の全体構造を見せるだけではなく、建築物を裁断する形で

内部までも詳細に「見せる展示」をしているのも、秀逸でした。

展示されている建物は、木や草、土、石などの自然素材を使って建てられています。

実際に見たことがある建物もたくさんあったのですが、写真を整理しているとき、

どのような順番で掲載するのがよいのか、とても悩んでしまいました。

その結果、ブログでは順不同にしていますが、最初は凛とそびえる姿が素敵な

松本城天守閣から、掲載しています。

ご紹介している建築物の中に、皆さまがお好きな建物は、ありますでしょうか?

【追記】

記事をアップしてみたら、ピントの甘い写真が何枚もあることに気づきました。

お詫びいたします。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 13 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください