林百貨「店内に展示されていたミニチュア作品」(台湾・台南市・2018年11月)

山口県出身の林与一さんという実業家が、日本統治時代に建てたという

林百貨。

百貨店のある末広通りは、台南一の目抜き通りといわれていたそうです。

終戦後は別の用途に使われていたり、空きビルになっていた時代も

あったようですが、2014年から百貨店として再開されています。

5階にある食堂で担仔麺をいただいた後、1階ずつショップを見学しながら

降りようとしたら、ひとつ下の4階に、ミニチュア作品が展示されていました。

常時展示されているものなのか、たまたま展示されていたものなのかは、

確認できませんでしたが、私としてはとってもラッキー!な出会いでした。

牡蠣オムレツや担仔麺を作っている感じが、かわいらしいですよね。

写真の最後には、レゴで作った林百貨と夕暮れでライトアップされた

林百貨の外観を載せてみました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 10 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください